So-net無料ブログ作成
検索選択

TARBON氏の錆スポ修理

IMG_0070.JPG
IMG_0065.JPG
 先日、ターボン氏が錆スポを持ってきました。最近までエンジンは始動して乗っていたそうですが、なぜかエンジンがかからなくなってしまったそうです。
 早速、車から降ろして、みてみましたが、なぜかキックが出来ません。焼きつき?とりあえずプラグをはずしてみたところガソリンがかなりの量出てきました。キャブからオーバーフローしたガソリンが燃焼室に満タンにはいてしまったようです。
IMG_0067.JPG
 ガソリンコックは、OFFにしておいたようですが微妙にガソリンが入ってしまったようです。ガソリンホースをはずしてみるとガソリンコックOFFでもかなりの量のガソリンが出てしまいます。コックをはずして原因を調べてみるとコックをタンクに固定する際の+ねじに紙ワッシャーが入っていなくてここからもれていたようです。
IMG_0066.JPG
 コックを戻し、プラグをつけてキックしてみましたが、始動する気配なし。点火時期は、あっていたといっていたので大丈夫だろうと思っていたのですが、念のためみて見るとポイントがTマーク位置で開いていない模様。
 ポイント調整しようとねじを回そうとしたら、電装ベースごと微妙に動いてしまいます。
マグネットをはずして、点検してみると固定ねじが長すぎて底つきしていてしまっていませんでした。ねじを交換して点火時期も直しました。
 キックを何度かしたら、エンジン始動しました。エンジンノイズは多めですが調子は良さそうです。
IMG_0069.JPG
 ターボン氏のスポカブは、ブロックタイヤを履いており、林道ツーリングにいいかもしれません。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。